FC2ブログ

スノークローバー

ほのぼの日記です。オリジナル作品を多く掲載している為使用するさいは、著作者の許可が必要です。*制作中です。

裁縫工房


今回制作担当:Yuki雪ダルマ

デザイン担当:夢のクローバー

今回制作ぬいもの:【オリジナルデザイン・プリンセス ラインドレス】

やっと〝完成〟しました(*^▽^*)♪←2年ぐらいかかってのんびり作成♡。





↓下記より、完成写真です ♡




1
ドレス

前から見たドレス写真♪



2
ドレス後ろ

後ろから見た写真♪



3
エプロン

以前作成の〝エリ〟拡大写真!




4
袖

完成袖付け&ボタン付け♡






スポンサーサイト



翡翠ノ輝石とチョコレート



チョコ

↑くまさんチョコレート♡









今回広報・イラスト担当Yuki雪ダルマ

今回小説担当:夢のクローバー 

見守って頂いている方、本当にありがとうございます。

今回は、『翡翠ノ輝石とチョコレート』本編スタートです♪






↓下記よりスタートです。




翡翠ノ輝石(ひすいのきせき)とチョコレート

第一章 ひとめぼれ




あるところに、甘(あま)くておいしい


〝チョコの民(たみ)〟

というチョコレートの小人の女の子がいました。



女の子の名前は、〝チョコちゃん〟

一人前(いちにんまえ)の〝チョコの民〟になったばかり。



一人前の〝チョコの民〟なので

立派(りっぱ)な成人(せいじん)した大人(おとな)のレディーなのだ!



そんな、小さな、かわいい、女の子の、レディーの  〝チョコちゃん〟

は、ステキな森(もり)の中で今日も、ちょこ ちょこ、歩(ある)いていました。












すると、キラキラ太陽(たいよう)の光(ひかり)が差(さ)し込(こ)んだ・・・


花(はな)と石(いし)の木々(きぎ)の間(ま)に煌(きら)めく・・・



  ー翡翠色(ひすいいろ)の優美(ゆうび)な髪(かみ)とー


  ー輝石色(きせきいろ)の瞳(ひとみ)をしていてー



透(す)き通(とお)る様に透明(とおめい)で幻想的(げんそうてき)


な少女(しょうじょ)が静(しず)かに佇(たたず)んでいました。




その、あまりに美(うつ)くしい少女

【正確には、翡翠の結晶で少女の容姿をしている〝翡翠の森の精霊〟】

に、〝チョコちゃん〟の瞳は、輝(かが)やいて

ゆっくり引(ひ)き寄(よ)せられるように、美しい少女の目の前に立(た)っていました。



そして、〝チョコちゃん〟は一生懸命(いっしょうけんめい)に

とても綺麗(きれい)で美しい翡翠(ひすい)の少女に告白(こくはく)したのです。




「私のお嫁さんになって下さい!」




・・・〝チョコちゃん〟は、はっとします。



私のお友達(ともだち)になってくれませんか?

といおうとして、〝お嫁さん〟と言い間違(まちが)えていたのです。





〝チョコちゃん〟が、あわあわしている間(あいだ)に

翡翠の少女は、とろけるような笑顔(えがお)で〝チョコちゃん〟

に返事(へんじ)をしたのです。





「ええ、喜(よろ)こんであなたの  〝お嫁さん〟  になりましょう。

そして、とても愛(あい)らしいあなたと出会(であ)えた

この素晴(すば)らしい日(ひ)に式(しき)を挙(あ)げましょう。」










  ーこうして、まだ幼(おさ)ない〝翡翠の女王〟と、小さく甘いチョコレートの女の子ー


  ー〝チョコちゃん〟は、とっても幸(しあわ)せに結(むす)ばれたのですー・・・


















最後まで、お付き合い頂きありがとうございます。

今後も、いろいろな、作品を同時進行で、のんびり掲載予定です♪

お楽しみに☆





<<戻る第0章へ   //

広報日記




コーヒー

↑ティータイム(^o^)♪

 




今回の広報担当:Yuki雪ダルマ 

小説担当:夢のクローバー



ブログ、拍手下さった方、温かく見守っていて下さる方本当に、ありがとうございます。

今回は、『小説 白と黒のこくはく』続編です♡

のんびり、最後までお付き合い頂けたら、とても、嬉しいです(^0^)♪



↓下記より第9章〝6″です。




第9章〝6" 新しいスピリットの冒険
 


そして、気がつくと、炎の光で器用(きよう)に遊ぶ〝小人達(こびとたち)〟

の姿(すがた)に気がつく。


「・・・かわいい!!楽しそうだなぁ~~。」


〝ミド〟の様に、小指(こゆび)ぐらいのサイズの子も居(い)れば

手のひらぐらいのサイズの〝小人さん〟まで

楽しそうに、〝炎の光〟にダイブしたり、、かくれんぼから、〝炎の光〟で何かを作ってみたり♪

生(い)き生きと〝ファロ〟のお祭りを皆(みんな)楽しんでいました。





そして、その中を、得意(とくい)げに、炎を、自由自在(じゆうじざい)に操(あやつ)ったり


バーン!  ドカーン!! 


と言(い)う高い音とと共(とも)に、沢山(たくさん)のキレイな花火(はなび)を作る

〝ミド〟の姿があった。



「ミドぉーー! 凄(すご)い花火だね!」


「だろだろ? 俺(オレ)にかかれば、これぐらいどんと来(こ)いだぞ!」








「すごい! ねえ〝ミド〟、〝シルワの森〟って

何時(いつ)もこんなふうにお祭りをやっているの?」



感動(かんどう)しながらも〝キリト〟は〝ミド〟に〝シルワの森〟の事を訊(き)いてみた。



「やってるぞ!〝シルワの森〟は、沢山(たくさん)お祭りがあるんだ!

なんせココは、〝始(はじ)まりの森〟であり

〝森の世界(せかい)〝シルワの森〟なんだからな!」




「〝始まりの森〟であり〝森の世界”・・・」




「そうだぞ  〝最初の森の始まりの世界〟


っても言われている森で・・・


 この世界は、全部(ぜんぶ)!森なんだ!この世界は、〝シルワの森(もり)〟って言(い)う

名前(なまえ)で呼ばれてて、場所によっても、たま、別の名前があったりするんだぞ。」




「へぇ。 そうなんだ・・・、じゃあこの場所にも何か別(べつ)の名前があるの?」


「〝祭(まつ)り木の森〟って呼ばれてるな!」


「〝祭り木の森〟かぁ毎日(まいにち)お祭りがありそうな名前だね♪」


「〝祭り木(まつりぎ)〟は、楽しい事が大好きなんだぞ♪」



〝ミド〟は、キラキラと続ける。



「〝森のスピリット〟だから、いろんな他(ほか)の世界とリンクしてるんだ!


おかげで迷子(まいご)が来たりとかも多いんだけどな~~。だけどな、皆(みんな)〝シルワ〟を

大好きになるんだぞ、もちろん〝キリト達〟も皆(みんな)もだ!

もっと大好きになってもらうからな!」





〝ミド〟は、〝キリト〟にそう宣言(せんげん)して、自分(じぶん)の炎を操(あやつ)りはじめる。



炎は、〝キリト〟の周(まわ)りを、ぐるぐる、渦(うず)を巻(ま)いて〝祭り木〟の記憶(きおく)を

映(うつ)し出(だ)す。








キラキラ輝(かがや)いていて、とても楽しい、幸(しあわ)せの記憶・・・。



みんな笑顔(えがお)でわくわく楽しい、思い出と物語(ものがたり)を


つむぎ、刻(きざ)み込(こ)んでいく・・・。







とても、ステキで大切(たいせつ)な魔法を・・・。













第九章〝6″ キリトを見てくれて、ありがとうございます。

のんびりいろいろな小説を少しずつ掲載できれば・・・と思っています(^o^/)。

次回は、なにかな♪  お楽しみに!(^o^♪) 





<<戻る第9章5へ   //   第9章7へ続く>>


今回、写真担当:Yuki雪ダルマ


緑の素敵な小道を発見♡




森

イラスト工房




今回イラスト担当:Yuki雪ダルマ

のんびり更新♪








フルカラー

 画材:筆ペン&水彩絵の具




花ねこ






『裁縫(さいほう)ネコ♡』


お花がいっぱい(*^▽^*)♪

ステキな6月になると良いな♡。